【体験談】軽井沢移住への道 はじめての工務店選び(1)~失敗や後悔しないために知っておきたいこと

軽井沢に移住した結果
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。

カントリージェントルマン鴨志田です。

東京在住の頃、

ネットベンチャー行政書士として開業。

2004年、東京井の頭から

軽井沢追分へ移住しました。

我が家が、軽井沢移住に向けて動き出したのが

2002年。土地探しと同時に、工務店探し

はじめていたのでした。

軽井沢への移住に興味があるんだけど

なぜ地元(軽井沢周辺)の工務店なの?

地の利もないのに、どうやって

軽井沢周辺の工務店を選んだの?

そんな疑問・質問、よくわかります。

この記事を読むと、
●なぜ地元(軽井沢周辺)の工務店に依頼したかったのか
地元工務店のリストアップの仕方

がわかります。

そこで、まずは、結論から。

  • 地元で信頼と実績があり、施工後も長く親しくお付き合いのできる工務店がいい
  • 工法に着目してリストアップしてみるのも1つのやり方
  • 結局、お世話になったのはリストの中の1社、いい出会いでした
スポンサーリンク

軽井沢移住への道 はじめての工務店選び

地元の工務店がいい

我が家が、軽井沢移住に向けて動き出したのが

2002年。土地探しと同時に、

工務店探しもはじめていました。

最初は、ネット上や書籍で、工務店情報を収集し、

大まかなイメージ作りをしていました。

もっとも、当時は、ネット上の物件情報が

まだまだの時代ではありましたけど・・・。

情報収集の結果、2002年当初から抱いていた

イメージは、以下のようなものでした。

  • 設計:工務店設計部門ではなく、別個に、建築士に依頼
  • 施工:地元の工務店に依頼

なぜ、地元の工務店に依頼という方針に

至ったのか・・・?例えば、

ハウスメーカーに施工を依頼したとしても、

結局、実際に施工を担当するのは、

下請け・孫請けの工務店なのだという実情を

知ったからです。そういうことならば、

地元で信頼と実績があり、施工後も長く親しく

お付き合いのできる工務店を選びたい

と考えたのでした。

初体験の不安

とはいえ、移住して、家づくりするために、

工務店を訪ねるのは、初体験。

住まいのある東京ではなく、地の利も全くない

軽井沢周辺の工務店との交渉には、

正直、不安だらけでした。

  • 地元で信頼と実績があり、施工後も長く親しくお付き合いのできる工務店

という方針はあっても、具体的に、どの工務店が、

この条件を充たしているのかは、???でした。

工法に着目してみた

さて、どの工務店からアタックを

開始するか・・・?ちょっと視点を変えて、

工務店を選ぶのではなく、自分たちが欲しい

家づくりの工法に着眼してみました。

当時、書籍、雑誌、ネット情報など、いろいろと

研究した結果、ソーラーサーキット工法

辿り着きました。

この工法は、『いい家』をつくるために、

通常よりも手間がかかり、施工側としても、

より時間と労力をかける必要に迫られます。

施工の基本部分でコストもかかる工法なので、

他社と相見積になった場合、価格のみの競争は

難しいだろうと予想できました。

だからこそ、哲学と信頼と実績が必須となる

のではないかと推察したのでした。

まとめると、

家づくりに、時間も、労力も、コストもかかる工法を、わざわざ採用している工務店
=哲学と信頼と実績がある工務店
≒地元で信頼と実績があり、施工後も長く親しくお付き合いのできる工務店

と考えてみたのでした。

まとめ:【体験談】軽井沢移住への道 はじめての工務店選び(1)~失敗や後悔しないために知っておきたいこと

  • 地元で信頼と実績があり、施工後も長く親しくお付き合いのできる工務店がいい
  • 工法に着目してリストアップしてみるのも1つのやり方
  • 結局、お世話になったのはリストの中の1社、いい出会いでした

軽井沢は、標高1000mで、寒冷地。

夏は、霧立ち込めて湿気が多く、

冬は、厳しい寒さが長~く続きます。

そんな軽井沢で、住み心地いい家を

建てられたら最幸なのです。

工法に着目し、それを扱っている

地元(軽井沢周辺)工務店のリストアップは、

予想以上に、効果ありでした。

結局、我が家がアタックした工務店は、

このリストの中の1社。おかげさまで、

いい工務店と出会うことができたと思ってます。

軽井沢移住してから今までの経過、結果を、

このブログに発表することで、

  • 信州移住に関心がある方のために、
  • 軽井沢移住に興味のある方のために、
  • そして、自分と家族のために、

何かお役に立てればうれしいです。

コメント