【軽井沢】中学校~軽井沢っ子が通う学校をもっと知りたい

子育て・教育
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。

カントリージェントルマン鴨志田です。

2004年、東京井の頭から

軽井沢追分へ移住しました。

で、先月、ネット上で、

こんなニュースを見かけました。

「国際会議都市」掲げる軽井沢町の課題・将来を意見交換 町内の中高4校の生徒、座談会|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
軽井沢町は13日、来年4月に町内で開かれる先進7カ国(G7)外相会合に向け、中学生や高校生による座談会を町役場で開いた。町内4校から計13人が参加し、「国際会議都市」を掲げる町の課題や将来の展望などについて意見交換した。  軽井沢中、私立軽...

軽井沢中学校は、我が家のこどもたちが

お世話になった地域の中学校。

思わず、ニュース記事、読んじゃいました。

軽中って、

どんな中学校なの?

そんな疑問・質問、よくわかります。

この記事を読むと、
軽中って、どんな学校なのか
新校舎完成までの歴史
軽中のユニークポイント

がわかります。

そこで、まずは、結論から。

  • 軽中は、校舎が新しくて、きれい
  • ウィンタースポーツ系の部活動(アイスホッケー、スケート、カーリング)も盛ん
  • 軽中も、生徒数が増えていくことになるのでしょうか?
スポンサーリンク

ニュースによると・・・

軽井沢町は13日、来年4月に町内で開かれる先進7カ国(G7)外相会合に向け、中学生や高校生による座談会を町役場で開いた。町内4校から計13人が参加し、「国際会議都市」を掲げる町の課題や将来の展望などについて意見交換した。軽井沢中、私立軽井沢風越学園、軽井沢高、私立国際高「ユナイテッド・ワールド・カレッジISAK(アイザック)ジャパン」・・・

<信濃毎日新聞から引用>

『町内4校』から中高生が座談会に

参加したようですね。2004年、

我が家が軽井沢移住した頃、

軽井沢町内には、軽井沢中学校、

軽井沢高校の2校のみでした。

軽井沢の教育環境も、かなり変化

してきているということですよね。

軽井沢中学校って

基礎データ

  • 校名
    軽井沢町立軽井沢中学校
  • 住所
    軽井沢町大字長倉2447番地1
  • 標高
    939メートル
生徒数<2022年度>
  • 1年生
    ⇒145名<4クラス>
  • 2年生
    ⇒138名<5クラス
  • 3年生
    ⇒153名<4クラス>
  • 特別支援学級
    ⇒<4クラス>
軽井沢中学校 | 長野県軽井沢町公式ホームページ
長野県軽井沢町の公式ホームページです。暮らしの情報や観光・文化財・イベントなど、さまざまな情報を提供しています。

新校舎完成までの歴史

まず、軽井沢中学校といえば、

校舎が新しくて、きれい

おかげで、進学先の高校校舎が

おんぼろに見えてしまうらしいとか。

そんな新校舎も、もう6年が経つんですね。

  • 昭和22年(1947年)
    ⇒学制改革により義務教育課程の中学校を設立
  • 昭和23年(1948年)
    ⇒新校舎起工式
  • 昭和27年(1952年)
    ⇒落成祝賀式
  • 昭和36年(1961年)
    ⇒新校舎を増築(2階建て6教室)
  • 昭和44年(1969年)
    ⇒校舎改築工事開始
  • 昭和46年(1971年)
    ⇒新校舎完成
  • 平成26年(2014年)
    ⇒新校舎・体育館建設工事開始
  • 平成27年(2015年)
    ⇒新体育館完成
  • 平成28年(2016年)
    ⇒新校舎完成
  • 平成29年(2017年)
    ⇒新校庭完成

旧校舎(2014年)

息子が入学した2014年、

新校舎・体育館建設工事がスタート

旧校舎も、なつかしい~。

新体育館完成(2015年)

息子が中2になった2015年、

まずは、新体育館が完成

新校舎完成(2016年)

息子が中3になった2016年、

新校舎が完成。卒業前に完成して、

ありがたかったです。

新旧校舎のどちらも経験した

貴重な世代なのでした。

新校庭完成(2017年)

娘が入学した2017年、新校庭が完成

息子は在学中、工事の進捗によって、

授業や部活動等、いろいろ大変でしたけど、

娘は、新軽井沢中学校を満喫させてもらい、

ありがたかったです。

ユニークポイント

1学年5クラス化?

少子化の時代にもかかわらず、今後、

軽中生は増加傾向かもしれません。

我が家のこどもたちが通っていた頃は、

1学年4クラスが標準で、5クラス学年が

稀にある感じでした(現在、中2のみ、

5クラスのようですね)。

もっとも、軽井沢移住ファミリーが

増加傾向で、町内小学校の児童数が

増えているので、今後、軽中生も増え、

1学年5クラス以上が当たり前になる

かもしれませんね

標高939メートル

標高が高い、避暑地軽井沢。

地元追分にある西部小

(1003メートル)よりは低いものの、

軽中も、標高939メートル

ウィンタースポーツ系の部活動

ウィンタースポーツの盛んな軽井沢。

軽中の近隣には、スケート場や、

カーリング場があったりします。

そんな環境なので、アイスホッケー、

スケート、カーリング部に属し、

がんばっている中学生もいます。

まとめ:【軽井沢】中学校~軽井沢っ子が通う学校をもっと知りたい

  • 軽中は、校舎が新しくて、きれい
  • ウィンタースポーツ系の部活動(アイスホッケー、スケート、カーリング)も盛ん
  • 軽中も、生徒数が増えていくことになるのでしょうか?

ここ数年で、西部小の児童数は、

少子化にもかかわらず、増加傾向。

軽井沢に移住する子育てファミリーも

増えてるんですね、やっぱり。

とすると、今後、軽中の生徒数も

増えていくことになるのでしょうか?

我が家も、2004年に移住してきた

子育てファミリーでしたので、

できるだけ前向きに変化を捉えたいと

思ってます。

軽井沢移住者には、自分の家族や

ライフスタイルを大切にしたり、

地域で子育てに関心が高かったり、

行動力のある方が多いことも、

経験上、知ってます。

自分からGIVEの姿勢がある

ファミリーがますます増えて、

新しい軽中がどうなっていくか、

楽しみに見守りたいと思ってます。

コメント