【軽井沢】アイスパーク カーリングの街 軽井沢

軽井沢情報
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。

カントリージェントルマン鴨志田です。

2004年、東京井の頭から

軽井沢追分へ移住しました。

で、ネット上で、

こんなニュースを見かけました。

カーリング、一度に6試合可能な屈指の規模 通年型専用施設「軽井沢アイスパーク」  【行って見たい東信】|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
■土屋長雄さん案内  1998年長野冬季五輪でカーリングの競技会場となった軽井沢町は「カーリングの町」として知られる。その拠点が通年型の専用施設「軽井沢アイスパーク」だ。札幌市で27日開幕する第41回日本カーリング選手権には、3連覇を狙う男...

軽井沢アイスパークって、

どんな施設なの?

SC軽井沢って?

その実績は?

そんな疑問・質問、よくわかります。

この記事を読むと、
●軽井沢アイスパーク
●カーリング SC軽井沢クラブ

がわかります。

そこで、まずは、結論から。

  • 軽井沢アイスパークは、カーリングの街 軽井沢の旗印となるホール
  • SC軽井沢クラブとは、軽井沢町にて総合型地域スポーツクラブを運営するNPO法人
  • 地元SC軽井沢カーリング男子・女子チームを応援してます
スポンサーリンク

ニュースによると・・・

 1998年長野冬季五輪でカーリングの競技会場となった軽井沢町は「カーリングの町」として知られる。その拠点が通年型の専用施設「軽井沢アイスパーク」だ。 札幌市で27日開幕する第41回日本カーリング選手権には、3連覇を狙う男子のSC軽井沢クラブをはじめ町内から過去最多の6チームが出場する。・・・

 1階のカーリングホールに入ると・・・見渡すと「シート」と呼ぶ細長い競技スペースが6つ並ぶ。長さは約46メートル、端に立ってみるとシートの先が遠く感じる一度に6試合ができる国内屈指の規模だ。2013年4月にオープンした時、通年型の専用施設は北海道に次いで2カ所目だった。

 では長野五輪の時はどこで競技を?試合会場は、現在アイスホッケーなどに使われる風越公園アイスアリーナ。練習会場だったスカップ軽井沢は、アイスパークができるまで冬場のみカーリング施設として使われている。

 まさに軽井沢は『カーリングの町』。「今の教え子たちがオリンピックに行ってくれたら、もっとうれしいですね」と笑みを浮かべた。

<信州毎日新聞から引用>

軽井沢アイスパーク

軽井沢アイスパークって

軽井沢アイスパークは、カーリングの街

軽井沢の旗印となるホールです。

平成25年4月、日本最大級の通年型

カーリングホールとしてオープンしました。

国際大会の開催が可能な6シート

カーリングホール、多目的に利用可能な

ふれあいホールなど、冬期はスケートと

カーリングを観戦できる快適な空間と

なっています。

基礎データ

  • カーリングホール名
    ⇒軽井沢アイスパーク
  • 住所
    ⇒軽井沢町発地1157-6
  • 開館時間
    ⇒9:00~22:00
  • 開館
    ⇒2013年4月
  • アクセス
    ⇒碓氷軽井沢ICから10km 20分
    ⇒しなの鉄道中軽井沢駅下車タクシー8分
軽井沢アイスパーク | 軽井沢風越公園
スケート、フィギュア、カーリング、アイスホッケー、テニス、野球、サッカー などのトレーニング施設や合宿施設などにご利用いただける、長野県軽井沢町の 総合スポーツ施設。

わたしは、男女共、地元のSC軽井沢クラブ

応援してますよ。

SC軽井沢

基礎データ

SC軽井沢クラブとは、軽井沢町にて

総合型地域スポーツクラブを運営するNPO法人。

スポーツクラブとしては、カーリング

フットサルのチーム運営を主たる活動とし、

各種スポーツ教室も展開しています。

  • クラブ名
    ⇒スポーツコミュニティー軽井沢クラブ
  • 略称
    ⇒SC軽井沢クラブ
  • 住所
    ⇒軽井沢町長倉332-4
  • 設立年月日
    ⇒2004年7月
SC軽井沢クラブ|スポーツ|トレーニング|体験|軽井沢町
総合型地域スポーツクラブ・NPO法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブです。軽井沢町でさまざまなスポーツ教室・レッスン・イベントを実施するほか、スポーツ指導を行っています。

SC軽井沢の歴史

  • 1998年(平成10年)
    ⇒長野オリンピック
     カーリング(開催地:軽井沢町)
  • 2004年(平成16年)7月
    ⇒NPO法人認証を受け設立
  • 2005年(平成17年)
    ⇒男子カーリングチームがSC軽井沢クラブ運営になる
  • 2007年(平成19年)
    ⇒日本選手権初優勝
    (2023年まで通算10回の優勝)
  • 2016年(平成28年)
    ⇒パシフィックアジアカーリング選手権初優勝
  • 2018年(平成30年)
    ⇒平昌オリンピック男子カーリング日本代表
  • 2020年(令和2年)
    ⇒アカデミー出身者を中心に女子カーリングチーム昇格
  • 2023年(令和5年)
    ⇒日本選手権で男子は二連覇
     女子は初の決勝進出、準優勝

カーリング SC軽井沢クラブ

メディア的には、オリンピックで大活躍した

LOCO SOLAREに注目が集まりがちですけど、

わたしは、男女共、地元のSC軽井沢クラブ

応援してますよ。

カーリング SC軽井沢クラブ
トップ選手から次世代を担うジュニア選手、さらに競技に親しむ愛好家までが含まれ、カーリングを通じて競技普及と地域活性を図り、さらに世界に羽ばたくアスリートの育成を目指しています。

SC軽井沢カーリング男子チーム

所属選手
  • 山口剛史
    ⇒追分こども会のカーリング体験会でご指導いただきました
    ⇒夏祭り しなの追分馬子唄道中の花婿役でもお世話になりました
  • 栁澤李空
    ⇒息子の軽中時代の同級生(同じクラス)
  • 小泉聡
  • 山本遵
    ⇒娘の高校の後輩
過去の所属選手
  • 清水徹郎
  • 両角友佑
    ⇒軽中、娘の高校の先輩
  • 両角公佑
    ⇒軽中、娘の高校の先輩
  • 平田洸介
  • 大野福公
  • 金井大成

SC軽井沢カーリング女子チーム

所属選手
  • 西室淳子
  • 金井亜翠香
    ⇒息子の軽中時代の同級生(同じクラス)
  • 両川萌音
    ⇒地元追分出身、ご近所
     西部小、軽中
  • 上野美優
    ⇒地元追分出身
     西部小、軽中、娘の高校の先輩
  • 上野結生
    ⇒地元追分出身
     西部小、軽中、娘の高校の先輩

まとめ:【軽井沢】アイスパーク カーリングの街 軽井沢

  • 軽井沢アイスパークは、カーリングの街 軽井沢の旗印となるホール
  • SC軽井沢クラブとは、軽井沢町にて総合型地域スポーツクラブを運営するNPO法人
  • 地元SC軽井沢カーリング男子・女子チームを応援してます

カーリングの街 軽井沢

長野オリンピックのカーリング開催地

だったということもあって、軽井沢っ子は、

小学校でカーリング体験授業があります。

追分こども会でも、カーリング体験という

イベントを楽しんだこともあり、

わたしも、一応、経験者です。

そんなカーリングが身近な環境なので、

軽井沢っ子の中には、クラブチームに属し、

カーリング選手としてがんばっている子も

少なからずいます。

SC軽井沢クラブチームの中には、

地元追分出身で小さい頃から知っている

選手が3人いたり、軽中で息子と

同じクラスだった選手もいたりします。

ここのところ、カーリング勢力図が、

北海道有利になってますけど、再び、

軽井沢のチームが盛り返していく姿を

楽しみにしてますよ

軽井沢アイスパークができて以来、

毎年、着実に、軽井沢は、

カーリングの街になりつつあるのを感じます。

コメント