【軽井沢】第39回 しなの追分馬子唄道中(2024.7.28) 始動

軽井沢情報
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。

カントリージェントルマン鴨志田です。

2004年、東京井の頭から

軽井沢追分へ移住しました。

移住した追分には、恒例の夏祭り

しなの追分馬子唄道中が。もう何十年も前から。

移住して数年後から、スタッフとして

関わるようになり、いい汗かいてきました。

しなの追分馬子唄道中って、毎年、

いつ、どこでやってるの?

しなの追分馬子唄道中の道中行列って、

どんな感じなの?

しなの追分馬子唄道中の
こどもみこしって、

どんなイベントなの?

疑問・質問、よくわかります。

この記事を読むと、
●しなの追分馬子唄道中って
しなの追分馬子唄道中の道中行列って
しなの追分馬子唄道中のこどもみこしって

がわかります。

そこで、まずは、結論から。

  • しなの追分馬子唄道中(7月第4日曜日@追分宿) 今年は 7/28(日)開催予定
  • 江戸時代の装束で当時の往来を再現した道中行列が見どころ
  • 地元西部小のこどもみこしも、わっしょい!わっしょい!
  • 【おすすめ】移住前後でお世話になった軽井沢ヴィネット
スポンサーリンク

しなの追分馬子唄道中 7/28(日)開催予定

しなの追分馬子唄道中

しなの追分馬子唄道中とは
⇒毎年7月の第4日曜日に開催する軽井沢町最大級の夏祭り

2019年(令和元年)の第34回開催後、

残念ながら、3年間、中止に。

昨年、4年ぶりに復活し、今年も開催予定ですよ。

見どころ

江戸時代の装束を身につけて、

当時の中山道の往来を再現した道中行列。

馬を引くのは追分節保存会。

追分馬子唄を唄いながら、

往復約1.6kmの追分宿を練り歩きます。

しなの追分馬子唄道中
2023年の「しなの追分馬子唄道中」は、7月23日の開催に向けて準備中です。 しなの追分馬子唄道中は毎年7月の第4日曜日に開催する軽井沢町最大級の夏祭りです。 38回目となる令和5年は7月23日開催予定。 見どころは江戸時代の装束に身につけ...

しなの追分馬子唄道中 懐かしの道中行列&こどもみこし

懐かしの道中行列

道中旗

共の中間

代官(馬)

町娘

水戸黄門 助さん 格さん

武士(馬)

荷車

神官(馬)

花婿 花嫁 花嫁車

長持ち

武士(馬)

弥次さん 喜多さん

武家娘

旅の女

行商人

武士(馬)

瓦版屋

飛脚

金魚売り

飴屋

大道芸人

駕籠かき

虚無僧

懐かしのこどもみこし

10:30

みこしの担ぎ手たちが、

泉洞寺駐車場に集合。

こどもたちに気合を入れ、

こどもみこしの段取りの説明と

注意事項の確認。

10:40

泉洞寺駐車場から、スタート地点の

つがるや前に移動開始。

第1ステージ

10:50

スタート地点のつがるや前で、

出番を待つこどもみこし。

第1ステージ
  • 区間:つがるや前~公民館
  • 担ぎ手:未就学児~2年生:フォロー6年生

陽射しも強くなってきて、思っていた以上に

気温も上がり、このままではこどもたちが

ダレてしまいそう。昨年同様、余裕をもって

スタートし、途中のお茶休憩時間を

長めにとってやりたい。そこで、当初、

11:00予定のところ、現場判断で、

10:55スタートに繰り上げました。

さあ、行くぞ!こどもみこし!

今年新調した拍子木が鳴らされ、

男みこし、女みこしの順で、

いよいよスタートしました!

わっしょい!わっしょい!

第2ステージ

公民館前でたっぷりお茶休憩した後は、

いよいよ第2ステージ。

第2ステージ
  • 区間:公民館~堀辰雄文学記念館
  • 担ぎ手:男みこし5年生 女みこし4~5年生

再び、出発の拍子木が鳴らされ、スタート。

わっしょい!わっしょい!

この第2ステージは、昨年、低学年の

子たちに担いでもらったんですけど、

ここは結構長く、バテた経験を生かして、

今年は、高学年の子たちに任せました。

今年は、堀辰雄文学記念館前駐車場では、

中山道物産展が催されているので、

例年以上の盛り上がりです。

第3ステージ

堀辰雄文学記念館前で小休憩した後は、

第3ステージ。

第3ステージ
  • 区間:堀辰雄文学記念館前~精進橋
  • 担ぎ手:男みこし3~4年生 女みこし3年生

再び、出発の拍子木が鳴らされ、スタート。

わっしょい!わっしょい!

第4ステージ

最後のお茶休憩を済ませ、

いよいよ第4ステージ。

第4ステージ
  • 区間:精進橋~浅間神社境内
  • 担ぎ手:6年生

最終ステージは、6年生に任せました。

最後の出発の拍子木が鳴らされスタート。

ここから、ゴールまでは、登り坂だ!

わっしょい!わっしょい!

暑さもあって、だいぶへばってきた子供たち。

まもなく、ゴールの浅間神社にたどり着きます。

その前に、最後の難所、御影用水にかかる橋渡り。

この橋は、みこしが通るには幅が狭いので、

両サイドの担ぎ手は、橋の前で離れるように、

事前に説明していたのでした。

いざ渡ろうとする際も、上に提灯飾りがあるので、

高さも微妙に気にしながら、橋を渡っていきます。

ここを過ぎれば、もうすぐゴールだ。

わっしょい!わっしょい!

無事、最後の難関を、男みこしも、

女みこしも通過し、浅間神社境内へ。

最後は、境内メイン会場にいらっしゃる方

みんなで、わっしょい!わっしょい!

ステージ前にたどり着き、三本締めで、

こどもみこしの到着を祝ったのでした。

こどもたち、そして、関係者のみなさん、

ご協力、応援、諸々ありがとうございました。

おかげさまで、こどもみこしは、大成功!

まとめ:【軽井沢】第39回 しなの追分馬子唄道中(2024.7.28) 始動

  • しなの追分馬子唄道中(7月第4日曜日@追分宿) 今年は 7/28(日)開催予定
  • 江戸時代の装束で当時の往来を再現した道中行列が見どころ
  • 地元西部小のこどもみこしも、わっしょい!わっしょい!
  • 【おすすめ】移住前後でお世話になった軽井沢ヴィネット

【おすすめ】移住前後でお世話になった軽井沢ヴィネット

軽井沢移住前に出会い、購入。

軽井沢に移住して家づくりしていく上で、

いい影響を受けてきました。

軽井沢に関する知りたいことが、

かなり網羅されている一冊。

インスパイアされますね。

ちなみに、軽井沢移住後、ご縁をいただき、

軽井沢ヴィネットから取材を受けて、

わが家の記事も載せていただきました。

もちろん、移住後も、楽しめる雑誌。

おすすめします。

実行委員として17年間

2004年、軽井沢追分に移住後、

わたしが、スタッフ(準備・当日・片付け)

として祭りに参加しはじめたのが、

2007年(平成19年)第22回から。

2023年(令和5年)の第38回まで、

17年連続で実行委員やらせてもらいました。

祭り当日は、西部小のこどもみこしの

リーダーとして、いい汗かいてきました。

引退 世代交代へ

企画室からこんな方針をいただきました。

『今年度は、こどもみこしスタッフを
西部小から募集したい』

もっともなことだと思いました。

こどもたちにとっても、

知っているパパ・ママがみこしスタッフの方が

盛り上がりますので(経験上)。

潮時ですね。

昨年の4年ぶりのこどもみこし復活を

わたしの花道にさせてもらおうと思います。

やりきった感もありますし。

実行委員からも引退します。

17年以上やらせてもらったので、

そろそろ世代交代です。

わたしが引退することで、再び、

世代交代のスイッチが少しでも

入ればいいな~と思います。

これまで、しなの追分馬子唄道中で、

ごいっしょできたスタッフのみなさんには、

本当に感謝の氣持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。お世話になりました。

これからも、ネット上での広報で、

サポートしていきますよ。

イキメン再起動しながら。

追分を選んで本当によかった

というわけで、移住して20年程経ちましたけど、

すっかり追分の魅力にはまってますし、

軽井沢に移住の際、

追分を選んで本当によかった!

と思ってます。

追分の夏祭りは、すっかりわが家の

生活の一部になりつつあります。

コメント