【軽井沢】カーリングの街 軽井沢のシンボル アイスパーク&SC軽井沢

軽井沢情報
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。

カントリージェントルマン鴨志田です。

2004年、東京井の頭から

軽井沢追分へ移住しました。

で、ネット上で、

こんなニュースを見かけました。

軽井沢勢一丸、全国舞台へ 日本カーリング選手権に最多6チーム【動画・スキップのコメント・選手名簿付き】|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
札幌市で27日開幕する第41回日本カーリング選手権に軽井沢町から過去最多の6チームが出場する。総合型地域スポーツクラブ「NPO法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブ」からは、3連覇を狙うSC軽井沢クラブ男子、昨年準優勝の女子に加え、中部大会...
女王止めた SC軽井沢ク、ロコ・ソラーレ撃破 女子2次L 【カーリング日本選手権】|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
カーリングの日本選手権第5日は1日、札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで2次リーグが始まり、女子のSC軽井沢クは北京冬季五輪銀メダルで3連覇を狙う女子のロコ・ソラーレに10―8で勝った。SC軽井沢クはロコ・ソラーレSにも7―3で快勝し、1...
SC軽井沢クラブ 男女そろって決勝へ【カーリング日本選手権第7日】|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
カーリングの日本選手権第7日は3日、札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで準決勝が行われ、男子は2次リーグ3位で3連覇を狙うSC軽井沢クが同2位のロコ・ソラーレを8―5で下し、4日の決勝へ進んだ。  SC軽井沢クは不利な先攻の第1、2エンド...
SC軽井沢ク、女子初V 粘って最終エンドに逆転 【カーリング日本選手権】|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
男女の優勝チームは世界選手権の日本代表に決定。女子は3月にカナダ、男子は3~4月にスイスで開催される。  女子のSC軽井沢クは3―4で迎えた最終第10エンドに2点を挙げて逆転勝ちした。男子のコンサドーレは2―1の第4エンドに3点、続く第5エ...
男子のSC軽井沢ク、3連覇逃す 勝負どころで踏ん張れず |信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
5点を追う最終第10エンド。男子のSC軽井沢クの選手たちは、残りのストーン(石)の数が点差を下回った瞬間、ギブアップを意味する握手を求めた。3連覇を逃し、チーム最年長39歳の山口は「大事な場面で力を出せなかった。これが今の実力」と言葉を絞り...
第41回全農日本カーリング選手権大会 男子は「コンサドーレ」、女子は「SC軽井沢クラブ」が優勝し日本代表に|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
~JA全農から北海道産米「ななつぼし」を贈呈&来場者へいちごのサンプリングも~ 令和6年2月4日 全…
3月のカーリング世界選手権へ 出場するSC軽井沢クラブ女子「まだ成長できる」 逃した男子「悔しい気持ち」|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
第41回日本カーリング選手権(札幌市)で初優勝した女子のSC軽井沢クラブと男子で準優勝のSC軽井沢クラブが21日、軽井沢町役場を訪れ、土屋三千夫町長らに結果を報告した。女子は3月にカナダで開く世界選手権に出場する。選手たちは地元の支援に感謝...

軽井沢アイスパークって、

どんな施設なの?

SC軽井沢って?

その実績は?

そんな疑問・質問、よくわかります。

この記事を読むと、
●軽井沢アイスパーク
●カーリング SC軽井沢クラブ

がわかります。

そこで、まずは、結論から。

  • 軽井沢アイスパークは、カーリングの街 軽井沢の旗印となるホール
  • SC軽井沢クラブとは、軽井沢町にて総合型地域スポーツクラブを運営するNPO法人
  • 地元SC軽井沢カーリング男子・女子チームを応援してます
  • 女子SC軽井沢クラブ、日本選手権初優勝おめでとうございます!
スポンサーリンク

ニュースによると・・・

 カーリングの日本選手権最終日は4日、札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで決勝が行われ、女子はSC軽井沢クが北海道銀行を5―4で下し、初優勝した。男子はコンサドーレが8―3でSC軽井沢クを破り、3大会ぶり4度目の優勝を果たした。

 男女の優勝チームは世界選手権の日本代表に決定女子は3月にカナダ、男子は3~4月にスイスで開催される。

<信州毎日新聞から引用>

女子SC軽井沢クラブ、

日本選手権初優勝おめでとうございます!

カナダでの世界選手権も楽しみですね。

これからも応援してます。

2月4日(日)女子決勝 - カーリング日本選手権 2024
動画 - カーリング日本選手権 2024
「カーリング日本選手権 2024」のネット動画をまとめて掲載

軽井沢アイスパーク

軽井沢アイスパークって

軽井沢アイスパークは、カーリングの街

軽井沢の旗印となるホールです。

平成25年4月、日本最大級の通年型

カーリングホールとしてオープンしました。

国際大会の開催が可能な6シート

カーリングホール、多目的に利用可能な

ふれあいホールなど、冬期はスケートと

カーリングを観戦できる快適な空間と

なっています。

基礎データ

  • カーリングホール名
    ⇒軽井沢アイスパーク
  • 住所
    ⇒軽井沢町発地1157-6
  • 開館時間
    ⇒9:00~22:00
  • 開館
    ⇒2013年4月
  • アクセス
    ⇒碓氷軽井沢ICから10km 20分
    ⇒しなの鉄道中軽井沢駅下車タクシー8分
軽井沢アイスパーク | 軽井沢風越公園
スケート、フィギュア、カーリング、アイスホッケー、テニス、野球、サッカー などのトレーニング施設や合宿施設などにご利用いただける、長野県軽井沢町の 総合スポーツ施設。

わたしは、男女共、地元のSC軽井沢クラブ

応援してますよ。

SC軽井沢

基礎データ

SC軽井沢クラブとは、軽井沢町にて

総合型地域スポーツクラブを運営するNPO法人。

スポーツクラブとしては、カーリング

フットサルのチーム運営を主たる活動とし、

各種スポーツ教室も展開しています。

  • クラブ名
    ⇒スポーツコミュニティー軽井沢クラブ
  • 略称
    ⇒SC軽井沢クラブ
  • 住所
    ⇒軽井沢町長倉332-4
  • 設立年月日
    ⇒2004年7月
SC軽井沢クラブ|スポーツ|トレーニング|体験|軽井沢町
総合型地域スポーツクラブ・NPO法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブです。軽井沢町でさまざまなスポーツ教室・レッスン・イベントを実施するほか、スポーツ指導を行っています。

SC軽井沢の歴史

  • 1998年(平成10年)
    ⇒長野オリンピック
     カーリング(開催地:軽井沢町)
  • 2004年(平成16年)7月
    ⇒NPO法人認証を受け設立
  • 2005年(平成17年)
    ⇒男子カーリングチームがSC軽井沢クラブ運営になる
  • 2007年(平成19年)
    ⇒日本選手権初優勝
    (2023年まで通算10回の優勝)
  • 2016年(平成28年)
    ⇒パシフィックアジアカーリング選手権初優勝
  • 2018年(平成30年)
    ⇒平昌オリンピック男子カーリング日本代表
  • 2020年(令和2年)
    ⇒アカデミー出身者を中心に女子カーリングチーム昇格
  • 2023年(令和5年)
    ⇒日本選手権で男子は二連覇
     女子は初の決勝進出、準優勝

カーリング SC軽井沢クラブ

メディア的には、オリンピックで大活躍した

LOCO SOLAREに注目が集まりがちですけど、

わたしは、男女共、地元のSC軽井沢クラブ

応援してますよ。

カーリング SC軽井沢クラブ
トップ選手から次世代を担うジュニア選手、さらに競技に親しむ愛好家までが含まれ、カーリングを通じて競技普及と地域活性を図り、さらに世界に羽ばたくアスリートの育成を目指しています。

SC軽井沢カーリング男子チーム

所属選手
  • 山口剛史
    ⇒追分こども会のカーリング体験会でご指導いただきました
    ⇒夏祭り しなの追分馬子唄道中の花婿役でもお世話になりました
  • 栁澤李空
    ⇒息子の軽中時代の同級生(同じクラス)
  • 小泉聡
  • 山本遵
    ⇒娘の高校の後輩
過去の所属選手
  • 清水徹郎
  • 両角友佑
    ⇒軽中、娘の高校の先輩
  • 両角公佑
    ⇒軽中、娘の高校の先輩
  • 平田洸介
  • 大野福公
  • 金井大成

SC軽井沢カーリング女子チーム

所属選手
  • 西室淳子
  • 金井亜翠香
    ⇒息子の軽中時代の同級生(同じクラス)
  • 両川萌音
    ⇒地元追分出身、ご近所
     西部小、軽中
  • 上野美優
    ⇒地元追分出身
     西部小、軽中、娘の高校の先輩
  • 上野結生
    ⇒地元追分出身
     西部小、軽中、娘の高校の先輩

まとめ:【軽井沢】カーリングの街 軽井沢のシンボル アイスパーク&SC軽井沢

  • 軽井沢アイスパークは、カーリングの街 軽井沢の旗印となるホール
  • SC軽井沢クラブとは、軽井沢町にて総合型地域スポーツクラブを運営するNPO法人
  • 地元SC軽井沢カーリング男子・女子チームを応援してます
  • 女子SC軽井沢クラブ、日本選手権初優勝おめでとうございます!

カーリングの街 軽井沢

長野オリンピックのカーリング開催地

だったということもあって、軽井沢っ子は、

小学校でカーリング体験授業があります。

追分こども会でも、カーリング体験という

イベントを楽しんだこともあり、

わたしも、一応、経験者です。

そんなカーリングが身近な環境なので、

軽井沢っ子の中には、クラブチームに属し、

カーリング選手としてがんばっている子も

少なからずいます。

SC軽井沢クラブチームの中には、

地元追分出身で小さい頃から知っている

選手が3人いたり、軽中で息子と

同じクラスだった選手もいたりします。

ここのところ、カーリング勢力図が、

北海道有利になってますけど、再び、

軽井沢のチームが盛り返していく姿を

楽しみにしてますよ

軽井沢アイスパークができて以来、

毎年、着実に、軽井沢は、

カーリングの街になりつつあるのを感じます。

コメント