上田西高等学校~軽井沢っ子も通う学校をもっと知りたい

子育て・教育
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。

カントリージェントルマン鴨志田です。

2004年、東京井の頭から

軽井沢追分へ移住しました。

で、ネット上で、

こんなニュースを見かけました。

能登半島地震の被災者を支援 高校生が募金活動 長野 上田|NHK 長野県のニュース
【NHK】能登半島地震で被災した人たちを支援しようと、上田市の高校生が募金活動を行いました。 募金活動を行ったのは、上田市の上田西高校の生徒会やJ…
上田市内の5高校の生徒、被災地支援へ募金活動 全県への拡大に向けた第一歩 【能登半島地震】|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
上田市内にある五つの高校の生徒たちが4日、能登半島地震の被災地を支援しようと上田駅前で合同募金活動をした。上田西高の生徒会が各校に呼びかけて実現。全県の高校生が携わる活動に向けた第一歩と位置付けている。同日集まった寄付金は市社会福祉協議会の...

上田西は、上田市にある私立高校。

我が家の息子も受験し、

合格をいただきました(感謝)。

上田西高等学校って、

どんな学校なの?

そんな疑問・質問、よくわかります。

この記事を読むと、
●上田西って、どんな学校なのか
●上田西のユニークポイント

がわかります。

そこで、まずは、結論から。

  • 上田西は、野球、サッカーなど、スポーツの実績が有名
  • 進学コースの他に、国公立大学、難関私立大学への現役合格を目指す特進コースがある
  • 県下有数の敷地と充実の設備を揃え、学習環境は最高水準を実現
スポンサーリンク

ニュースによると・・・

 能登半島地震で被災した人たちを支援しようと、上田市の高校生が募金活動を行いました。募金活動を行ったのは、上田市の上田西高校の生徒会やJRC部の生徒30人余りです。スポーツの北信越大会などで交流のある北陸の人たちを支援しようと、10日朝、学校の校門の近くに集まりました。生徒たちが大きな声で「募金をお願いします」と呼びかけると、登校してきた生徒や職員たちが立ち止まって募金箱にお金を入れていました。

<NHK NEWS WEBから引用>

上田西高等学校って

上田地域に私立高等学校の設立を求める

多年にわたる地域住民の要望を受けて、

1960年(昭和35年)4月、

上田城南高校として開校しました。

軽井沢からも、推薦入試や、

公立上位校の併願校として

一般入試に臨む軽井沢っ子がいます。

基礎データ

  • 校名
    ⇒上田西高等学校
  • 住所
    ⇒長野県上田市下塩尻868番地
  • 最寄り駅
    ⇒西上田(しなの鉄道)
  • 設置学科
    ⇒普通科(特進コース)
    ⇒普通科(進学コース)
  • 開校日
    ⇒1960年4月

上田西の歴史

  • 1960年(昭和35年)4月
    ⇒上田市上田原に上田城南高等学校として開校
  • 1986年(昭和61年)8月
    ⇒上田市下塩尻の長野県蚕業試験場跡地(現在の校地)を長野県より買収し、移転決定
  • 1987年(昭和62年)3月
    ⇒校地移転、上田西高等学校と改称
  • 2010年(平成22年)
    ⇒創立50周年
  • 2012年(平成24年)
    ⇒進学コース(旧名 I類)、特進コース(旧名 II類)に変更
  • 2013年 (平成25年)
    ⇒野球部が第95回全国高等学校野球選手権大会に初出場
  • 2018年 (平成30年)
    ⇒サッカー部が第96回全国高等学校サッカー選手権大会にて長野県勢初の準決勝進出
上田西高等学校|公式|長野県上田市 - 長野県上田市下塩尻にある私立高等学校です。生徒それぞれの将来の夢を大切に考え、教師が生徒の苦手に寄り添います。
上田西高等学校は、長野県上田市下塩尻にある私立高等学校です。生徒それぞれの将来の夢を大切に考え、教師が生徒の苦手に寄り添い、生徒一人ひとりが自らの手で将来を切り開いていくことができるように指導します。

入試情報<令和6年度入試>

入試日程・募集要項 - 上田西高等学校|公式|長野県上田市
上田西高校の入学に関するご案内はこちらです。入試に関する「入試日程・募集要項」をご紹介します。

上田西のユニークポイント

上田西は私立高校、上田東は公立高校

上田市内には複数の高校があるものの、

上田西は唯一の私立高校。

ちなみに、上田東は公立高校なのです。

お間違いのないように。

県下有数の敷地と充実の設備

敷地面積66,097㎡。

普通科高校として県内トップ。

施設も年々充実し、全館冷暖房完備で

最新のコンピュータを配備した情報教室、

衛星授業を実現しているテライト教室、

屋内野球練習場、フルサイズのサッカーコート、

最新機器を導入したトレーニング室など。

特に、野球グランドは両翼98m、

サッカーグランドは105m×64mのフルサイズ。

施設概要 - 上田西高等学校|公式|長野県上田市
県下有数の敷地と充実の設備を揃え、学習環境は最高水準を実現しております。最新鋭の設備で、一人ひとりの学びを支援します。全館冷暖房完備で最新のコンピュータを配備した情報教室、衛星授業を実現しているサテライト教室、屋内野球練習場、フルサイズのサ...

留学の上田西

上田西の特徴の1つが充実した留学制度。

交換留学の実績は30年以上。

短期留学、長期留学合わせて1400人以上。

国際教育 - 上田西高等学校|公式|長野県上田市
長野県上田市の高等学校。交換留学、語学学習、異文化学習など、生徒たちの希望する海外研制度で国際交流をし、充実した高校生活を送れるようにサポートします。
海外研修制度 - 上田西高等学校|公式|長野県上田市
長野県上田市の高等学校。交換留学、語学学習、異文化学習など、生徒たちの希望する海外研制度で国際交流をし、充実した高校生活を送れるようにサポートします。

まとめ:上田西高等学校~軽井沢っ子も通う学校をもっと知りたい

  • 上田西は、野球、サッカーなど、スポーツの実績が有名
  • 進学コースの他に、国公立大学、難関私立大学への現役合格を目指す特進コースがある
  • 県下有数の敷地と充実の設備を揃え、学習環境は最高水準を実現

我が家のこどもたちがお世話になった

当時の西部小では、わたしの知る限り、

私立中学に進学する生徒が、年に10名前後

程度だったと思います。進学先は、

佐久長聖、新島でした。都心と比べると、

中学入試の過熱はその程度でした。

軽井沢っ子の高校入試では、

公立1校、私立1校が、よく見られる

受験パターンでした。

そもそも、東信地方には私立校が少なく、

併願校は、佐久長聖、上田西でした。

というわけで、上田西はとても身近な存在。

進学した知ってる軽井沢っ子も少なくない

学校なのです。スポーツの応援はもちろん、

地域の者としては、長~い目で、

見守っていきたいですね。

【おすすめ】ニーズに合わせ、賢くプロの力も活用

軽井沢移住前の9年間、わたし、

栄光ゼミナール講師として、

数百人の教え子を送り出してきました。

軽井沢移住後、2009年4月、

こどもたちが小学生の頃、

追分こども会を立ち上げ、同時に、

地域で子育て教育アドバイザーとして、

活動も続けています。

そんな長~い受験指導の経験上、

こどもたちのニーズに合わせ、賢く、

プロの力も活用することをおすすめします。

コメント